タンスにお宝が眠っていませんか?

中古の着物は売ることができます!

タンスや押し入れに着なくなった着物は眠っていませんか?タンスの中の着物は臨時収入になるかもしれません。
ライフスタイルの多様化もあり、茶道や日本舞踊などのお稽古事では着物の着用が必要ですし、和装が見直されお茶会や女子会などに着物を着る女性が増えています。そのため、日常ではあまり着る機会のない着物ですが、中古市場で着物の需要は高まっています。
タンスに眠っている着物も、まだ着られると思うと捨てるには忍びないですよね。中古の着物の需要が高まっている今こそ、着物を必要としている人に渡すためにも売却することを検討してみてはいかがでしょうか?着物は着物として着用できてこそ活かされます。
一般の古着屋やリサイクルショップでは着物の価値はわかってもらえません。売却をするなら中古着物専門の買取業者へ依頼することをおすすめします。

買取業者へ査定を依頼してみよう!

着物には種類や格式、また素材や産地・作家などで価値が変わります。中古着物専門の買取業者では、着物の知識を持つスタッフがしっかりと着物を査定します。産地や作家が記載されている着物の証明書ともいえる「証紙」があれば高額査定のポイントが高くなります。「証紙」は着物を購入した際に添付されてきていますが、捨ててしまうことが多いのも事実です。もし手元にあれば着物と一緒に保管しておくか、着物を包んでいる「たとう紙」に入っている場合もありますのでチェックしておきましょう。
着物は状態の良いもの、未使用の物であれば高額査定が期待されます。査定を依頼する前に、シミや汚れ、虫食いや色あせがないかなどを確認しておくことも大切です。
着物はしまったままでは劣化してしまいます。高く買い取ってもらうためにも売却する時は少しでも早く査定を依頼することが重要です。