中古の着物を売るためにしておきたいこと

着物の保存状態を確認する

着物を売る前にしておくべき内容は、まず保存状態を調べることです。仕付けの付いている着用していない着物や新品の方が査定は高くなります。また、着物は汚れやシミ、色落ちなどがあると価値は目減りしてしまうので普段から取り扱い方に注意しましょう。しっかり保管しているつもりでも経年劣化してしまう素材もあります。裏地の色が変わったり、箔や金銀彩が変色することがあるので気をつけましょう。
どんなに良い状態の着物であっても、色あせやシミは自然に発生していくので着る機会が少なくなったなと思ったら劣化してしまう前に買取査定に出すことをおすすめします。状態に日ごろから気を使うことは、着物の買取査定で大事なポイントです。

着物の生地や種類を確認

着物を売る前に確認するポイントとして、生地の質があります。特に高額になりやすいのが正絹です。もし化学繊維の着物であっても買取してくれるお店はあるので調べてみましょう。また、正絹の場合は絹の重量をあらわしている匁が大きくなるほど高くなります。サイズが小さすぎる場合は、リサイクル用の生地として使われることが多いです。
次に作家も大事です。有名な作家の着物や、老舗の呉服屋が仕立てた着物などは高額の対象なので覚えておきましょう。産地によっても高額な査定となります。また、高額になりやすい着物の種類は訪問着です。次に振袖や袖などの査定が期待できます。この他、産地や品質を示す証紙があるかも調べておきましょう。