帯やバッグも売りたい時は?

着物は着る人の年齢を選ばないと言いますが

着物はひとつの着物でも帯や小物を変えることで、様々な着こなし方ができるので年齢を選ばないと言われています。
しかし、成人式や卒業式で着た振袖は未婚女性が着用するものですし、色や柄が若い人向けの着物だと年齢があがるにつれ似合わなくなるのも事実です。成人式などで着た振袖や、結婚式のお呼ばれなどで着た着物はタンスに眠ったままという方も多いのではないでしょうか?
そのまま保管して置くにも、着物はお手入れが難しいもの。お子さんや親しい人に譲ることもできますが、身近にそういう人がいない時は思い切って着物を売却して、着物を必要とする人に渡すのも着物を活かす方法です。着物専門の買取業者であれば、着物の価値も理解しているので安心して売却することができます。

着物に合わせた帯やバッグは?

成人式などで着物を購入する時は、帯やショール、バッグなども併せて揃える方が多いです。また、振袖以外でも訪問着や付け下げに合わせて羽織などを購入したり誂えたりすることもあります。中古の着物専門の買取業者では、帯やバッグなどの和装小物を扱う業者もありますので、査定を依頼する前に問い合わせてみることをおすすめします。
また、着物は状態の良いものや着物の証明書ともいえる「証紙」があれば査定のポイントが高くなります。シミや汚れがないかなどを事前にチェックしておいたり、証紙があれば取っておくことが大切です。
査定の方法は買取業者によって店舗への持ち込みや、出張、宅配などの方法があります。自分の都合に合う方法を選んで依頼しましょう。