着なくなった着物がたくさんある時はどうすればいい?

不要な着物は売ってお小遣いに変身させよう

祖母や先祖の代から捨てずに代々受け継がれてきた着物などがタンスの奥深くに眠っているという方も少なくはないでしょう。受け継がれてきたものを捨てるということはしたくはないですよね。しかし着物という衣類は、日が経てば経つほどに状態が悪くなっていくものなのです。そんなときは、思い切って”売却”という方法をとることをオススメします。捨てずに必要としている誰かに使ってもらえた方が気分もいいですよね。
実は今、日本の伝統文化は国内のみならず世界中から注目を集めていて、売却するには最高のタイミングとなっています。中でも、保管状態の良い物や、手掛けた作家やブランドの証紙が残っているものには高値が付く傾向があるようです。

買取業者を選ぶ際の重要なポイントについて

需要が高まっていて高価買取に期待ができる時期であっても”買取業者選び”は慎重にならねばいけません。特に、こちらが着物に関する専門知識を有していない場合はなおさらです。
こちらの知識が乏しいのをいいことに、安値で買い叩こうとするような悪質な業者に騙されないためにも必ず”相見積もり”を行うべきです。相見積もりとは、複数の業者から見積もりをしてもらうということですね。そうすることで、どの買取業者がトータルの買取金額が高いのかの判断も容易にできますし、どの着物が価値のある物なのかを判断することも可能になります。同時に従業員の対応も比較することができますので、自分に合った業者に依頼することが可能になるのです。